帰ってきた・人は見た目が100%

2018.02.14 Wednesday

0

    毎日更新して言いる当ブログですが、更新時間がまちまちの為に何度も見に来ないといけないのがボクだったらめんどくさいなーということで、昨日から“翌日のブログの更新時間”を予告してます。ただこれボクの翌日の予定を大雑把に考えてブログ更新できる時間帯はこれくらいじゃないかぁって感じで予測したものなので、あくまでも目安程度に思っておいてくださいねどうも!good to goのワタナベさんです。

     

    今日は他所は他所、ウチはウチという話。

     

    アルマーニの制服が問題になってますね。
    あれ、個人的にはなにがそんなに問題なんでしょう?って感じです。

     

    そもそもあの学校って入学条件を受け入れた銀座在住者と学区外の在中央区の希望者が抽選で就学できる特認校(※自然豊かな環境に恵まれた小規模校を中心にして、離れた地域からでも入学できる学校の運営体制のこと)でして、中央区民には「少人数教育の超名門小学校」として知られているそうです。


    このパーソナルな部分に付随する『超名門校卒業』ってブランド力ってのは、長い人生で見たら後々必ず“プラス”になることの方が多いんじゃないかと。

     

    なら、そのブランド力を強化する案として見た目から整えていくってのは、まぁ、そんなに悪いことじゃないと思うんですよ。

     

    それに『高い!高い!』と言いますけど、あの制服一式の価格ってだいたい8万前後らしいですよね。
    この価格ってアルマーニの商品にしてはかなりお値打ちですし、8万円という数字はインパクトがあるので大きく見えますけど、これって1か月で考えたら6500円前後、1日で考えたら200円前後を生活費を切り詰めれば捻出できる金額ですよ。

     

    その程度の財務努力で我が子の人生にとって結構大きなアドバンテージが取れるなら、そんなに高い投資じゃなくないですか?

     

    あと『大人の勝手な想いや都合で子どものことを考えていない』という声なんかも聞きますけど、感受性の高い子どもの頃に“良質な物”や“本物”に触れ親しむってことは教育的にもいいことだと思うよ。

     

    まぁ、なんにしろその学校の運営・教育方針に納得いかないなら当事者達が進学させなければいいのだけの話で、関係ない外野やメディアでコメンテーター等がしたり顔でゴチャゴチャいう事でもないと思うけどなぁということで今日はこの辺で!

     

    明日は22時くらいに更新予定です。
    それではまた明日もお会いしましょう!

    アディオス!

     

    【contact】

    goodtogojp@gmail.com

     

    宜しければ【ブックマーク登録】をお願いします。

     

    JUGEMテーマ:日々徒然

    関連する記事
    コメント
    コメントする